パンセのタネWebデザインを追求したり、Web業界の最新トレンド、ネットPRなどのお役立ち情報を紹介するスタッフブログです。

シルバーウィークの思い出をオシャレに残そう!おすすめ写真加工アプリ

2015年09月24日

はじめまして、新入社員のさいだです。
皆様シルバーウィーク楽しめましたでしょうか?
秋の5連休、たくさんの思い出をスマートフォンで撮影したと思います。
でも、今時そのままデータフォルダに残しておくのはもったいない!
写真加工アプリを使えば、簡単に写真をオシャレに仕上げることができます。

ちなみに私は高校から大学まで写真部に所属していた、いわゆる”カメラ女子”。
スマホでの撮影もこだわりを持っており、画像を編集するのは日常茶飯事です。
そんな私が独断と偏見で選ぶ、おすすめの写真加工アプリを実例と共にご紹介したいと思います。

Fotor




Fotor.png



まずはPCでも使える、初心者の方に特におすすめな写真加工アプリ「Fotor」をご紹介。
一部PC版では会員登録(無料)が必要、アプリ版では有料のエフェクトもありますが無料でも十分優秀です。
PCではオンライン上で写真加工が可能で、他にもHDR合成やグリーティングカード作成、SNS用のカバー画像作成もできます。
今回この記事ではアプリ版を中心にご紹介したいと思います!

Fotorは複数の画像を合体させて作る”コラージュ”という加工が特徴的。
PC版ではファンキーコラージュというハートなど様々な形のフレームがあるコラージュ、アプリ版では雑誌風のコラージュがあり、楽しみが広がります。

実際にコラージュを作成してみました。まるでグルメ雑誌みたいです。IMG_7131.JPG

フィルターの数も多く、フレームやフォントもバラエティ豊かで基本的な画像の加工も揃っています。
中でもよく使うのがフォーカス機能です。ピントや絞りを自由自在に変えられ、写真にぼけを生み出すことができます。

では実践してみましょう!
なし.jpg
左が元の写真、右が手前の梨にピントを合わせぼけを強くするため絞り値をf1.4に設定したものです。
下の写真の方がぼけのおかげでメリハリがついた写真になりました。
ピント・絞りを変えることで、一眼レフで撮影したかのような写真を再現することができます。

また、Fotorではフォトコンテストが随時開催中。様々なテーマのコンテストが行われ、賞金も50~150米ドルと設定されています。
参加するのは恐れ多いという方も、全世界にいるユーザーの作品が見られるので刺激を受けること間違いなしです!
(コンテスト参加にはFacebook、メールもしくはFotorの会員登録が必要です。)

Darkroom




icon175x175.jpeg



こちらはiPhone用アプリの「Darkroom」。Androidの方はごめんなさい…。
iTunesの写真アプリの中でもベストアプリにランクインするほど高評価を得ている写真加工アプリです。
アイコンもシックでホーム画面にあると映えます!
そしてカメラロールへの接続が早く、編集画面までスピーディーに進むことが出来るので操作性に優れています。

人気の秘訣はフィルターを自分で作れるという点です。
このアプリでは既存のフィルターだけではなく、自分の好きなフィルターを設定し、保存することが可能です!
「色鮮やかにしたい」「白黒をハッキリさせたい」など細かく自分で設定できます。

私もオリジナルフィルター作ってみました!
ねこ.jpg 

右が加工後の写真です。ほっこりするあたたかい雰囲気に仕上げてみました。
フィルターの項目は「明るさ」「コントラスト」「温度」などが組み合わさって出来ています。
あたたかさを出すためには「温度」を調節するのが効果的なので温度高めに設定。そして毛並を出したかったので「シャープネス」という項目を強めに調節しました。
他の項目も少し調節して出来上がり。あたたかい雰囲気と毛並のシャープさを掛け合わせることが出来ました!

さらにこだわりの強い方は有料のエフェクトを追加すれば「トーンカーブ」などさらに専門的な加工も楽しめますよ。
こだわりが強い方には特におすすめしたいアプリです。

BokehPic

Boke.pngのサムネイル画像

こちらは女性におすすめのアプリ「BokehPic」です。
色調を変えるフィルターではなく、デコレーションができるフィルターを使ってカラフルでかわいらしい画像加工が可能です。
デコレーションはハートや星、メッセージ入りのものまで様々な種類があります。
フィルターの色も明るい写真用と暗い写真用があり、明るい写真用では淡い色味に、暗い写真用ではビビットな色味になるので、撮影シーンによって使い分けるのがおすすめです。
 

色々と作ってみましたよ!
hana.jpg 
左が元の写真、真ん中が明るい写真用のフィルター、右が暗い写真用のフィルターを使用したものです。
右の写真のように、明るい写真の場合でも暗い写真用のフィルターを使ってカラフルに仕上げるのも私はとても好きです。
物によってはフィルターに被写体がかぶってしまうこともありますが、フィルターの位置を動かせるので好きな位置にフィルターを配置できます。

このアプリは写真をぼかす機能はついていますが、色調を変えることは出来ません。
もっと雰囲気を変えてみたい!と思ったら他のフィルターと組み合わせると良いかもしれません。
IMG_7320.JPG
明るい写真用を使用したものをFotorでもう一度フィルター加工しました。さらに柔らかい雰囲気に仕上がってます。
このようにアプリを組み合わせることで写真加工の楽しみ方も増えますよ!!

Repix




repix.png



今まで紹介してきたのはフィルターが特徴的なものばかりでした。
次にご紹介する「Repix」はフィルターだけではなく、ペンで写真にエフェクトを加える少し変わった画像加工アプリ。
写真の一部にアクセントを加えたいときには最適です。
エフェクトを選択し、写真をタッチすることでどんどん写真の雰囲気が変わっていきます!
水滴をつけたり、ポスター風になったり、キラキラ輝かせたりなどクリエイティブな加工ができます。

 
さぁ、私もクリエイティブな写真に挑戦です!とまと.jpg

どうでしょう、右のほうがポスターっぽくなっているでしょうか。
分かり易くするためにトマトは「Posterrize」、木の部分は「Dotter」ように、ところどころエフェクトを変えています。
この他にもフィルターやフレームの加工も可能なので組み合わせてみるともっとクリエイティブに!
直観的に加工できるのはとても楽しいです。是非お試しください!!

SlideStory




ダウンロード.jpg



最後は写真から動画を作れるアプリをご紹介します。
「SlideStory」は写真からBGM付きのスライドショーを作成することができます。
動画からも作成できるので、動画好きな方もおすすめですよ。
残念ながらAndroid版は開発中とのことなのでAndroidユーザーの方は少々お待ちください!

使い方はまず、最大15枚の写真を選択します。写真はそれぞれトリミング出来たりテキストを追加することもできます。あと順番の変更も可能です。
写真が選べたら次はフィルター。選択するとすべての写真にフィルターが適用されます。
そのあとはBGMを選択。「元気が出る」「心地が良い」「わんぱく」などのジャンルから選べます。全部聞いてから選ぼうと思うと曲が多くて選びきれないくらい楽曲が多いです!
最後にエンディングの文字を決めたらスライドショーの完成!30秒程度の動画が簡単に作れます。

再生すると音が出ます!音量にご注意ください!!

※動画を再生するには、videoタグをサポートしたブラウザが必要です

個人的な旅行の写真たちをスライドショーにしてみました。お恥ずかしい…。
思い出の写真を動画にして残すのもいいかもしれませんね!

SlideStoryのトップ画面では作ったムービーを時系列で並べて表示してくれるので、今までの思い出を遡ることもできます。
「こないだここに行ったんだ!」と作ったムービーを見せれば、旅行の様子が一目で分かって会話も弾みそうです。

まとめ

さて、いかがでしたか。
スマホのカメラも高性能になり、本格的なカメラを持っていなくても気軽に写真を楽しめる時代となりました。
SNSに投稿するということも増え、色々な人に写真を見せる機会も増えたと思います。
皆様も写真加工アプリを使ってさらに上級の楽しみ方をしてみてはいかがでしょうか。

仕事のご依頼・お問い合わせ

この記事を書いた人
Cider

更新情報をお届けします

Facebookもよろしく!

Pick Up! おすすめ記事

制作実績一覧

カテゴリー

Twitter

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

カテゴリ別

パンセのタネ トップへ戻る制作実績