パンセのタネWebデザインを追求したり、Web業界の最新トレンド、ネットPRなどのお役立ち情報を紹介するスタッフブログです。

WordPressで構築したウェブサイトの運用と集客に役立ちそうな5つのプラグイン

2015年11月18日

うしじまです。今年はWordPressでお客様のウェブサイトを構築する案件はテーマの作成に頭を使うことが多く、個人的にはたいへん楽しいものです。そうやって楽しんで構築したサイトには公開後の運用面も踏まえて、できるだけ訪問客を増やすための施策を「公開前に」準備しておきたいですね。本日はそんな運用もスムースになって集客のためにも役に立ちそうなプラグインをご紹介します。

SEOの定番:All in One SEO Pack

seo.png

SEOに効果がありそうなことを管理ページからあれやこれやと設定できる有名なプラグインです。できることは多岐にわたりますが、トップページやアーカイブ、記事ページ、固定ページそれぞれのタイトルや meta description, keyword などを管理ページから設定できることは、運用上の利便性向上につながります。metaタグの内容を変更したい時にテーマファイルを変更しないとできない...という状態ではフレキシブルな運用が難しくなってしまいます。

ソーシャル対応の便利プラグイン:Facebook Open Graph, Google+ and Twitter Card Tags

ogp.png

FacebookやTwitter、Google+、その他のソーシャルメディアで記事をシェアする際に利用されるOpen Graph タグ(+α)を自動で設定してくれるプラグインです。

この設定もAll in One SEO Packと同じようにテーマファイルを変更せずに管理ページから更新できることに大きな価値があると思います。

それから記事の公開・更新時にはFacebookのOpen Graph Tagのキャッシュをクリアしてくれる機能もあります(たまに失敗する)。記事を更新したのにFacebookでシェアしようとすると更新前の情報がシェアされてしまう問題に対処できます。

公式ならではの安心感:Twitter

twitter.png

Twitter公式のWordPressプラグイン。Twitterの埋め込みタイムラインや、埋め込みツイートビデオモーメントコレクションなどを記事やページ内に埋め込んだ時の表示がカスタマイズできます。利用したことはありませんが、Vineのビデオにも対応しているようです。

また、記事にツイートボタンを表示する機能も追加されます。各記事について、ツイートボタンを押した時にあらかじめ記載しておくテキストと、ハッシュタグを設定できます。また、Twitterカードで表示するテキストの編集も可能となります。どちらかというと、埋め込みツイートのカスタマイズよりも、こちらの機能の方が利用機会が多くなりそうです。

サイトの更新をいち早く通知:Google XML Sitemaps

sitemap.png

Googleやその他検索エンジンで読み込んでもらうためのXML Site Mapを自動で生成してくれるプラグイン。設定後はGoogle Webmaster Tools改めGoogle Search Consoleでサイトマップの登録を行っておきましょう。

sitemap.xml 内にどのコンテンツを含めるかという設定も細かくおこなうことができます。例えば特定のカテゴリの記事のみは掲載したくない場合などにも便利です。アーカイブページを掲載することもできます。

さらに記事の公開をGoogleに通知してくれる機能もあります。有効にしておくと記事公開時に通知され、すぐに記事をインデックスしてくれるようになります。公開した記事がなかなかインデックスされないとそわそわしますので精神衛生上ありがたいです。

キレイなソースコードをキープ:Head Cleaner

hc.png

これは集客には関係ないかもしれませんが、職業病で閲覧しているサイトのHTMLコードをのぞいてしまうクセがありまして、自分が構築したサイトのHTMLコードも美しくしておきたいなという思いがあります。

ただ、いくつもプラグインを導入すると、それぞれのプラグインが追加のコードを好き勝手に追加していってくれます。なかなか混沌としたHTMLコードになっちゃうんですよね。これを「可能な限り」クリーンアップしてくれるプラグインがHead Cleanerです。

このプラグインは <head> 内で重複していたり不要なタグ、HTMLコメントを削除し、不要なスペースを除去してくれます。また、設定画面内では <head> 内にある JavaScriptがリストアップされ、それぞれについてフッタに移動するか、削除するかを決めることができます。移動してみたら動かないなんてことも起こり得るので、やはり公開前にテストしながら設定したいですね。

まとめ

SEOやソーシャルシェアリングで集客を増強したい場合、検索エンジンの検索結果やシェアされたメディアで目を引くようにキメ細かな設定を行うことが重要になっています。今回紹介したプラグインを利用することで、制作会社に依頼することなくサイトの運用担当者がそういった設定をスピーディーに反映することができます。これらの要件はウェブサイト制作時にお客様からあがってくることは少ないかもしれませんが、そういったことを提案に含めることでお客様からの信頼をより強固にしていくことができたら、より良い関係を築いていけるのではないでしょうか。

ちなみに、このブログはMovable Typeで運用しています。

仕事のご依頼・お問い合わせ

更新情報をお届けします

Facebookもよろしく!

Pick Up! おすすめ記事

制作実績一覧

カテゴリー

Twitter

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

カテゴリ別

パンセのタネ トップへ戻る制作実績