パンセのタネWebデザインを追求したり、Web業界の最新トレンド、ネットPRなどのお役立ち情報を紹介するスタッフブログです。

備えあれば憂いなし! Web業界人向け快適入院生活入門

2016年01月29日

2016年もひと月ほど経過しましたが寒い日が続きますね。私が住んでいる長野県上田市では最低気温がマイナス12度まで下がりました。みなさまいかがお過ごしでしょうか。プログラマーの村上です。

2016年の元日早々に体調を崩し入院し、正月の2週間弱を病院で過ごしました。今回はこの実体験を元にして、Web業界にお勤めの方向けに「入院のしおり」には書いていない憂鬱な入院生活を少しでも快適にするための準備についてまとめます。

※本記事はあくまでも一例です。持ち込み可能な機材や使用可能な電波などは実際に入院される病院のルールをよく確認してください。

日頃の準備

快適な入院生活を手に入れるためには、日頃の準備が欠かせません。計画的な入院なら準備期間がありますが、病院に行ってそのまま入院ということもありえます。日頃から「入院基本セット」を手元に用意しておくことが大事です。

入院基本セット

入院基本セットというと聞こえが悪いですが、内容的には「お泊りセット」です。私は常に以下の機材をひとつのインナーバッグに入れて用意しています。

1. USB充電器

USB充電器

快適な入院生活をサポートするスマートフォンやタブレットや電子書籍端末、携帯ゲーム機などのガジェットを充電するために必須です。お手持ちの機材に合わせた口数のものをご用意ください。私はそこまで手持ちが多くないので2口のものを用意しています。

2. 電源延長コード

電源延長コード

ビジネスホテルに泊まった時、ベッドのそばにコンセントがなくてスマートフォンの充電が枕元で出来ないといった経験がある方も多いと思いますが、それは病室でも起こりえます。ケーブルが2メートルくらいで必要な数のコンセントがあるものを選べば問題ないと思います。私は場合に応じて3口 or 6口のものを持っていけるように用意しています。

3. 充電ケーブル

充電ケーブル

お使いの機材に合わせて、micro USBやUSB Type-C、Lightningなどのケーブルを必要数用意すると良いです。また、一部の携帯ゲーム機などに見られる特殊形状の充電端子の場合、専用ACアダプターを持ち運ぶよりmicro USBケーブル+変換コネクタの組み合わせの方が重量的に軽くなるので良いです。

4. イヤホン

イヤホン

最近の病院は一人に一台テレビがあったりします。同室の方に迷惑をかけずにテレビを視聴するためにイヤホンが必要になります。また、就寝時に医療機器の音やその他諸々の騒音で寝られないこともあるので、遮音性の高いイヤホンを1つ用意すると便利です。

入院が決まったら

残念ながら入院することが決まってしまった場合、退院までのことを想像していろいろと準備をしないといけません。手術をする場合、手術後に起き上がれなかったり、手が使えなかったり、車いすや杖を使うこともあるかと思います。どんな状態でも出来るだけ快適に過ごすための機材やインターネット回線の準備が必要です。

持っていく機材

入院後の状態でも利用可能なものを選択します。また、電子機器は持ち込みに申請が必要であったりする場合もありますので事前に病院に確認してください。

スマートフォン

スマートフォン

基本的に片手で操作でき、これさえあればとりあえずなんとでもなるくらいに重要な機材です。確実に持って行きましょう。

タブレット

タブレット

電子書籍で漫画を読む場合、画面が大きいので見やすいです。

電子書籍専用端末

電子書籍専用端末

目が冴えて眠れない消灯後に本を読む場合ベストなのが実はこれ。私はKindle Paperwhiteを持ち込みました。

携帯ゲーム機

ゲームが出来ないことでストレスを感じると自覚している場合、持っていったほうが無難です。

パソコン

仕事やネットサーフィン、ゲームと何でも出来る片腕のような存在です。用途に合わせて使い慣れたものを持って行きましょう。

インターネット回線

いまどき1日1回もインターネットに接続しない生活は考えられません。それは入院時でも変わらず、私は今回の入院10日間でトータル12GBほど使いました。病院によって利用できる方法が違うと思いますので、パソコンを持ち込む前提で、そのパソコンをインターネットにつなげる方法をタイプ別にまとめてみます。

Wi-Fiが利用可能かつ携帯電話をOFFにしなくて良い場合

  • お手持ちのスマートフォンなどを利用したWi-Fiテザリング
    • 普通に使っていてもそこそこの転送量になりますので、SIMロックフリー端末 + ぷららモバイルLTEなどの転送量無制限SIMの組み合わせが良いかもしれません。
  • Wi-Fiルーターレンタル

Wi-Fiが利用できないかつ携帯電話をOFFにしなくて良い場合

  • お手持ちのスマートフォンなどを利用したBluetoothテザリング、USBテザリング
    • Wi-Fi以外にもテザリング方法がありますのでそちらを利用します。接続方法以外はWi-Fiテザリングと同じです。
    • Android端末とMacでUSBテザリングをする場合、標準ではサポートされていませんので以下のアプリケーションをインストールしてください。

携帯電話をOFFにしなくてはいけない場合

  • 別の病院で入院できないか検討する。
  • 病室でのインターネット接続は諦める。

もっと高速なインターネットを使いたい、または動画等の大容量通信が必要な場合

  • 院内にインターネット接続可能なPCがあるかもしれないので、探してみる。
  • 院内に利用可能なWi-Fiがあるかもしれないので、探してみる。
    • 私は退院2日前に院内にある喫茶店にフリーで使えるWi-Fiがあるのを見つけて悔しい思いをしたので、事前にチェックすることをおすすめします。

限度額適用認定証

こちらは入院時に病院から説明があると思いますが、入院費はそこそこ高額になるため支払いの際の窓口負担を減らすために申請をしたほうが良いと思います。
詳しくは会社が加入している健康保険のWebページをご確認ください。弊社は関東ITソフトウェア健康保険組合に加入していますので、下記のページで詳しく説明されています。

その他、あると便利なもの

カゴ

ガジェットをまとめてベッドの枕元に配置するために、適度な大きさのカゴがあると非常に便利です。

イヤホンの延長ケーブル

テレビからベッドまでの距離が遠い場合もあるので1本持っておくと安心です。

バッグ

各種杖や車いすでの移動を余儀なくされる場合、移動時に手がふさがります。売店で買い物をする場合に買ったものを入れたり、併設の喫茶店などに行く場合にタブレットや電子書籍端末を入れるためのバッグがあると便利です。リュックサックやショルダーバッグなど、両手がフリーになるものを用意すると良いと思います。

入院中の楽しみ方

入院直後はいろいろとつらいこともありそれどころではないですが、体調が良くなってくると途端に暇を持て余します。朝の6時から夜の21時まで、食事や支度、回診の時間を除くと1日大体12時間は暇になります。出来ないことが多いとストレスになることもあるので、病室での生活を自宅で過ごす休日になるべく近づけられるように念入りな準備が必要です。

電子書籍

時間があるときにしたいことといえばまずは読書です。ただし紙の本を大量に病室に持ち込むわけにもいきませんのでここは電子書籍の出番です。電子書籍なら相当数持ち込むことが可能ですので、もしもの時のために電子書籍にシフトしてみるのもありかなと思います。ちなみに私は3年前に初めて入院した際に電子書籍化を開始して、現在では一部の技術書以外はすべて電子書籍に移行しました。

動画

HuluやNetflixなどの定額制動画配信サービスもよいのですが、ネット環境によっては転送量が多すぎてちょっと困ることもあります。Amazon プライム・ビデオなら一部の動画は端末にダウンロードして視聴できるため、入院前に前もってダウンロードすることが可能です。

ゲーム

スマートフォンやタブレット、PCがあればお気に入りのゲームが楽しめます。ファイルサイズが大きいゲームは家であらかじめダウンロードしておくことをおすすめします。
個人的な趣味もありますが、すぐ始められてすぐ止められるサンドボックス系のゲームが良いかなぁと思います。

独断と偏見による入院中におすすめのゲーム

仕事

インターネットさえあれば仕事や勉強も可能ですので、体調が良ければリハビリついでになにか作業してみるのもありですね。普段なかなか出来ない作業環境の整備などもいい気分転換になるかもしれません。

まとめ

  • 入院基本セット(お泊りセット)を用意しておこう
  • 普段使っているお気に入りの機材を持って行こう
  • インターネット環境は、病院のルールに合わせて適切なものを選択しよう
  • なるべくストレスを溜めないように自分なりの過ごし方を見つけよう

今回実際に持っていった装備
今回実際に持っていった装備

いろいろ書きましたが、本当は入院しないのが一番です。寒い日が続きますがみなさま健康に気をつけてお過ごしください。

仕事のご依頼・お問い合わせ

更新情報をお届けします

Facebookもよろしく!

Pick Up! おすすめ記事

制作実績一覧

カテゴリー

Twitter

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

カテゴリ別

パンセのタネ トップへ戻る制作実績