パンセのタネWebデザインを追求したり、Web業界の最新トレンド、ネットPRなどのお役立ち情報を紹介するスタッフブログです。

快適なリモートワークのための開発用パソコン選び

2016年07月19日

普段は、大河ドラマの真田丸で若干知名度の上がった長野県上田市にある自宅で仕事をし、一ヶ月に2〜4回ほど東京のオフィスに出社するリモートワーカーの村上です。パンセでは主にプログラムを組んでいます。

私のようにたまに出社するスタイルでリモートワークしているみなさん、どんなパソコンで仕事していますか?
ほとんどの方はノートパソコンを持ち運ぶか、家と会社の両方にパソコンを置いているのではないかと思います。

私は後者で会社と自宅に1台ずつパソコンを置いてあります。ただ、その2つの環境がビミョーに違い「あ、こっちは〇〇のアプリが入ってなかった入れないと!」というプチストレスに悩まされています。

できれば業務で使うPCは1つにまとめたい。でも持ち運べる軽くてそこそこ速いノートパソコンは値段が高いしあまり拡張性がないしどうしよう?
というところで思い出したのが、昨年Twitterのタイムラインで見かけた小型のデスクトップPCを持ち運んで使うという話でした。

ディスプレイとお気に入りのキーボード・マウスは自宅と会社に置き、軽量小型のデスクトップPCだけを持ち運べば自宅と会社で同じ環境を使うことができ、ストレスなくコーディングに集中出来そうということで、サクッとひとつ作ってみることにします。

要件

今回、私に必要なPCの要件を整理すると

  • 喫茶店で仕事をすることがないので、デスクトップ型PCでOK
  • Macbook Airよりも軽くしたいので、本体とACアダプターの合計重量が1kg未満
  • ゲームや動画編集などはしないのでCPU、GPUはそこまで速くなくてもいい
  • 仮想マシンを複数立ち上げるのでメモリは最低16GB
  • システム用と仮想マシン用にSSDを2台搭載可能で、合計512GB以上
  • OSはUbuntu 16.04 LTS

となります。

パーツの選定

上記要件を満たす構成を検討した結果が以下となり、今回はNUC(Next Unit of Computing)というIntelが提唱する小型デスクトップPCの規格に則ったベアボーンキットを使って小型デスクトップPCを作ることに決めました。

買い出し

それではパーツが決まったので秋葉原へ買い出しに向かいます。

JR秋葉原駅
秋葉原駅に到着

今回はパソコンショップ アークさんで一式揃えました。(2016年7月2日に購入して、税込56,630円でした)

パソコンショップ アーク
パソコンショップ アーク前

パーツを購入したらウキウキしながら新幹線で帰宅します。

戦利品

組み込むパーツたち

NUC6I3SYH
本体
ACアダプター
ACアダプター
Crucial CT2K8G4SFD8213
メモリー
Intel SSDSCKKW240H6X1
SSD (M.2)
Crucial CT500BX100SSD1
SSD (2.5inch)

組み立て

パーツ類を開封したら、静電気に注意しながら組み立てを開始します。

まずは本体を裏返してゴム足と一体化した4本のネジを外します。

本体裏面

裏蓋を引き出すとマザーボードにアクセスできるようになります。

マザーボード(組込前)

向きに気をつけながらメモリーを取り付けます。

マザーボード(メモリー取り付け済み)

引き続きSSD(M.2)を取り付けます。

マザーボード(SSD取り付け済み)

裏蓋(2.5inchベイ)側に移り......

裏蓋(2.5インチベイ)

SSD(2.5inch)を取り付けます。

裏蓋(SSD取り付け済み)

最後に裏蓋を戻しネジを締めれば完成です。(すごく簡単)

完成

計量

ACアダプター込みで849グラムとなり、要件通りに出来上がりました。

849グラム

OSインストール

Ubuntu 16.04のインストールディスク(USBメモリー)を作成し普通にインストールを進めたところ、特にトラブルなくインストールすることができました。
※ インストールしているアプリケーションなどは以前に投稿した「マークアップ、Webプログラマ向けLinuxデスクトップ環境構築(Ubuntu 15.04 日本語 Remix)」をご覧ください。

完成

一通り設定を終えて完成したデスクトップ画像がこちら。使用感もまったく問題なく、VirtualBox上で動いているWindows 10でPhotoshop CC 2015.5も動いています。

まとめ

第6世代Intel Coreプロセッサ搭載のNUCは軽い安いそこそこ速いの三拍子そろった良い製品だと思いますので、同じような働き方をしている方におすすめしたいです。

仕事のご依頼・お問い合わせ

更新情報をお届けします

Facebookもよろしく!

Pick Up! おすすめ記事

制作実績一覧

カテゴリー

Twitter

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

カテゴリ別

パンセのタネ トップへ戻る制作実績