<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=211808849452561&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

HubSpotの基本的な使い方から現場ベースのナレッジまで、HubSpotに特化して情報をご提供します。
どんどんコンテンツを追加していきますので、ご期待ください!

  1. Penseesトップ
  2. How to HubSpot
  3. HubSpot CMSとは

HubSpot CMSとは

CMSとは"Contents Management System"の略で、端的に言ってしまえばwebサイトに関わるコンテンツを、効率よく管理するためのシステムのことです。WordPressやMovable TypeといったCMSは、恐らく多くの人が聞いたことがあるでしょう。

ではHubSpot CMSとは何かというと、書いて字の通りHubSpotに組み込まれているCMSです。HubSpotはCRMやMA(マーケティングオートメーション)と思われがちですが、実はそれだけではありません。CRMやMA、SFA、タスク管理ツール、CMS全てを含んでいます。

なぜHubSpot CMSなのか?

現在はわざわざWordPressのような無償で使えるCMSがあるのにHubSpot CMSを使うかというと、ズバリ1番の理由は「他ツールとの連携のしやすさ」でしょう。従来の単独のCMSを選択した場合は、CRMはSalesforceなど他のツール、MAも他のツール……となりがちで、webサイトとそれらの間でデータを同期させるのは中々手間もお金もかかる作業です。また、それぞれがバラバラのツールであるがゆえ、データが上手く渡せないなど、どうしても上手くいかないこともあるでしょう。

HubSpot CMSを使えばそんな悩みから解放されるだけでなく、webサイトのページを編集中でも数クリックメニューを辿るだけで、顧客の情報画面に飛ぶなどとても効率的なマーケティング活動を行うことができます。

他のCMSとしても遜色ない機能

では「HubSpot CMSは、CRMやMAに付いてくるオマケ機能なのか?」というと全くそんなことはなく、CMS単体で見ても非常に完成度の高いシステムになっています。そのことを証明するかのように、HubSpot CMSはCRMやMAと関係なく、単独で契約することも可能になっています(HubSpot CMS料金表)。

特に優秀なのがブロック編集機能で、HubSpot CMSのテンプレートをきちんと設計し構築すれば、以後webサイトのページは誰でも、簡単に編集、新規作成することができるようになります。Wordが使えれば、HubSpot CMSでwebサイトのページ運用をすることができるでしょう。本当に、「誰でも」です。

そんなHubSpot CMSの機能や使い方を、1つずつご紹介していきます。

HubSpot CMS料金表

MAIL NOTIFY

パンセへのご相談はこちら